2020年05月26日

その109「解禁」

JazzBar SAMURAI Shinjyuku 新宿
was born in 1979 as a Jazz Cafe
Filmed in 13 Nov.2012 (H24)



7年半前に当店のPV作ろうと思って、
撮影しただけで、お蔵入りだったファイルを発掘して、
編集し、youtubeに上げました。

2020.5.25(月)、ついにコロナ禍の緊急事態宣言が解除されました。
一ヶ月半のステイホームと時短営業要請に従っての実入りのない営みでした。
6.1から夜10時迄の営業ができると思いますが、
コロナ対応のライフワークになるので、
以前のインバウンドも込の通常営業のようにはいきません。
4月、5月の営業は、夜7時までの都の要請で、
同時にステイホームで、お客様が外出するはずもなく、
ゴーストタウンで店番の日々でした。
たまに来てくれた常連さんが神様に見えました。
posted by samuraisakaiki at 08:41| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

その108「海辺」

img0026.jpg

200807展示
二健さんの勇士です。
昨今の疫病のおかげで過去を遡ることが可能です。
次の未来へ

喫茶茶会記 店主 福地
posted by samuraisakaiki at 11:29| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

その107「挽歌」

misoka (35).JPG
*令和二年(2020)元旦、茶会記にて Photo by Jiken

この「新宿往復書簡」は、一年間も放置してしまった。
元旦に茶会記の夜お邪魔して、久々に福地さんと長い話をした。
途中からママさんも参加して、後からSさんもこられて、
閉店時間まで我が演説は白熱した(汗)
日本の飲食店では、戦後トルーマンの3S謀略の効き目継続のせいか、
タブー気味の社会問題の話だが、
茶会記さんは容認してくれて有り難い。
もちろん他の拘りも関心もない一般客がいないという大前提だが。
その話の内容云々ではなく、
福地さんがさり気なく掛けてくれたLPと、
その怪しいサウンドが只ならないものだった。

当店で毎週第4日曜日午後3時からにやっている
"SamuraiFreeSession"の音と似ていて驚いたやら嬉しいやら。
フリーキーなサックスと、脱音楽的パーカッション。
福地さん曰く「阿部薫と豊住芳三郎のレア物です」

自分話になるが、我が持ち楽器(と言える程の物ではない)は、
自作ホラッパ、本物の法螺貝、調理器具、玩具など。
ドラムセットはないが、ライドシンバルとハイハットだけはある。
ドラマー(鈴木さん)はスネアー持参で来る。
打楽器奏者がいない時は、私が出鱈目乱打をする。
成果はヌンチャクと鞭打ち打法を編み出した。
ヤフオクで競り落としたハイハットは、
踏めば、叩けば音が出る。これでよし。
続いて欲が出てフットペダルも買った。
これで両足にも仕事をさせられる。ポリリズムを狙う。
しかしバスドラはないから、何か代用品で済ませる。
前回2019.12.15は、ドラマーの鈴木さんが来なかったので、
ハイハットを初めて使ってみた。(後でYouTubeでお見せする)
ちゃんとした既定リズムを刻むのは、
私は無理だが効果音として行ける。
2020.1.26は、フットペダルをどう使うかが問題だ。

そんなことを妄想しながら阿部薫デュオの「挽歌」を鑑賞した。
ジャケ写の三輪車に乗っているのは、たぶん
阿部薫が幼少だった時の一コマであろう。詩情豊かな一枚だ。
自分自身も、たった一枚だけ三輪車に乗っているものがある。
付添のかあちゃんは写っていないが。たしか叔父さんが撮って来れた。
古い子供の時の写真には、大人の愛情が感じられる。
古き良き時代の日本の家族の絆。
2つの共通点を見出して、他人事ではなく、励まされた。
喋って聴いて、充実した良い元旦だった。

以上初作文でした。_(_^_)_
※手前味噌ながらわが俳句ページにシェアしました。
俳句川柳狂句的観点
posted by samuraisakaiki at 17:12| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その106「継承」

DSCF4341.jpg

今日Jazz Tokyo https://jazztokyo.org/ で執筆されている筆者と同年の斎藤聡(sight song)さんが故・斎藤徹さんの
沿革を調べられる中で、徹さんが若い頃活躍された ライブハウス「騒」の本をチェックされている際に
二健さんと福地の名前があると伝えてくれて嬉しく思った。

かつて私が書いた日記も見つかっており新宿往復書簡の中にも過去を辿るとあると思う。
「新宿往復書簡からの抜粋〜騒(GAYA)への夢」(福地筆)
20111211
http://gekkasha.jugem.jp/?eid=953696

徹さんのダイナミズムはありとあらゆる場で継承される。

p.s 本書き込みは二健さんからの指摘でわたしが気づいたものである。一年近く更新を後にして
反省している。


posted by samuraisakaiki at 13:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

その105「番人」

kuroi (14)g.JPG

「黒い聖母 Theater of Gnomon/スズキ ヤスコ」

グノーモンの本性と東洋演劇の秘密
『黒謡 KOKUYOH Yasuko Suzuki』
作・演出・出演・演奏 スズキ ヤスコ

2018.11.1日 (日) Open 19:00 at茶会記

スズキヤスコさんの茶会記での一人+α芝居
「新黒謡公演シリーズ」も、かれこれ6回目になりました。
昼夜2回公演もありましたので通算すれば7回目です。
音楽家でも踊子でも芸人ではない私は、
無言での物的存在役で初回より引き立てられて参りました。
今回は門番たるクリストフォロス役で、赤い布を纏って、
終始1:15間杖を持って立ち尽くしておりました。
ちなみにも初回は、

2015.11.22(日) open 14:00
〜新黒謡公演〜【気狂いの彼方へ】スズキヤスコ
アントナン・アルトー日本の残酷劇
Facebookイベント
でした。もう3年経ちましたか。フライヤー図案やネット広報などと
舞台でのイメージ的立役など勉強させられました。
最近は個人的に縄文文明に興味がありますので、
ヤスコさんの和洋古代に渡る黒謡のテーマと重なり、益々惹かれます。

来年2019年も続くと思われますので、
ご注目の程宜しくお願い致します。

茶会記HP
*2018.11.11 茶会記の楽屋 Photo by Jiken
「黒い聖母 Theater of Gnomon」
Facebookイベントページ
posted by samuraisakaiki at 01:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

その104「終日」

FormatFactoryIMG_8716~1.jpg
2018/10/27

サムライ二健さんと常連様
更新が非常に遅れましてお詫び申し上げます。
まだ生息中。

喫茶茶会記 福地
posted by samuraisakaiki at 11:17| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

その103「二日」



平成30年正月二日、茶会記のカウンターで
居合わせた青年は、ワシントンDCからのお客さん。
明後日には帰国との由。暫しの出会いながら
覚束ない言葉を交わして文化交流の一幕。
「ワシントンDCには、日本から贈られたチェリーブロッサム(桜)が毎春満開になり綺麗です」
との事でした。
日本の植物の移民(?)が喜ばれています。
posted by samuraisakaiki at 06:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

その102「新年」

FormatFactoryIMG_7406.jpg

元日に集うジャズの猛者各位。心震えます。
平成三十年一月一日 「日本企画盤で聴くアーチー・シェップ」 
Bunmei Kataoka preesnts 於喫茶茶会記
posted by samuraisakaiki at 14:35| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする