2014年11月02日

その88「悲女」

DSC_0188.JPG
俳句ライブ21 於新宿サムライの模様。
大トリ 俳ラの女王ギネマさんによる読み。
昔はオーネットコールマンのロンリーウーマンを
聴いていたのだが
ここのところ一年に一回サムライにて
ロンリーウーマンを聴いている。
悲しきジャズの性(サガ)がここにある。

神山てんがいさんからギネマさんで
フィニッシュする最強の継投形が俳ラを恒久的なものとしている。
無論二健さんがあの舞台を構築できなければ
この会は成り立たないし、高坂さん他関係者各位の
援護射撃があってこそだ







posted by samuraisakaiki at 13:48| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする