2009年04月03日

その九「幻想」

  深夜の幻想。美しき深夜。 

s-DSCF1396.jpg デーンとニャン

s-DSCF1395.jpg 隙間からニャン

s-DSCF1394.jpg 空中浮遊だニャン

s-DSCF1393.jpg ぼくたちもニャン
@shinjuku samurai.  photo by Fukuchi

招猫四方堅めの陣
               二健
開花時深夜の密会
シカゴジャズ聴き
恵比寿麦酒を呑み
古猫と若猫の集会
噛み合いほど良く
昼間は小生が来訪
深夜は貴兄が来訪
どちらも問答白熱
正に対面往復書簡
その産物たる写真
招き猫招かざる猫
花曇─と一句献上
弊店店内彼方此方
高低差や明暗差も
他力本願ただ一途
どの道所詮自力の
非力と人望の無さ
嘆かわしい限りと
悲観するなかれと
口々に云う招き猫
顔色一つ変えずに
彼是我が働き振り
見続けて長年経過
そんな招き猫等の
偽らざる有りの侭
偽らざる棲まう様
見慣れた毎日とて
見止めていない景
日常に埋没した景
その景を炙り出し
気付かせてくれた
四方守護の組写真

posted by samuraisakaiki at 11:53| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人間は不安定な動物(特に自分)なので
招き猫に囲まれると招き猫のような
気分になり心が安寧したりもします。
お客様が多数入っている雑踏の中でも
静謐なひと時の中でも招き猫は こちらを見ている。

「招き猫の寺社へようこそ。
嘘いつわりのないジャズも流れています。」

「あなた。ちゃんと生きてます?
わたしはボケッと生きてます。」

四方守護により少しの時間 自己を安定化するのが善い。
Posted by 喫茶茶会記 at 2009年04月07日 13:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]