2009年10月13日

その21「意外なひととき」

DSCF1958.JPG


暴走族がふとバラード集を耳にしたくなるように
jiken様もふと学者風に読書を嗜む意外なひとときに満悦す。
posted by samuraisakaiki at 11:43| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読書について

読書の秋
実は夏でした
光を求めて窓辺に座り
老眼鏡をかけての読書
百均商品役立ってます
一字一句に拘り
想像を楽しみ
妄想へと発展
周囲の事象に気が散ることも
それはそれで楽しみます
だから私は頁を繰る速度は鈍いです
生き方も鈍いです
兎年ですが亀の歩調です
酔った眼は兎歩みは亀
昔死んだ爺さんは亀十郎
小さな本でも読み終わるのに
数か月もかかります
そのくせ読んだ内容も
物語も登場人物も
朧げにしか覚えていません
著者の意図に反して
自分で作り変えた物語が
よみがえってきます
この文庫本を読み終えるのに
延べ四か月かかりました
だから読書は効率が悪いです
テレビとネットと対話が
我が情報源です

以上読書苦手の弁解でした
Posted by 二健 at 2009年10月13日 12:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]