2010年10月25日

その42「炊飯」

パエリア於サムライ
*2010.10.23 於サムライ パーティー料理その1パエリア Photo by Jiken

先日土曜日4時から10名様の予約が入っていたので、
この日のジャズ喫茶営業は休みました。
そのパーティの際お任せ料理として作ったパエリアです。
機材は通販で買った椀型蓋付ダイヤモンドコート深鍋。

何時もは米2合炊きで成功していましたが、
当日は10名のお客様用なので、 4合炊きへの挑戦でした。
今回は本物のサフランを使いました。
何時もはサフラン擬きのなんちゃってレシピです。
2合炊きでは水も2合で丁度よいのですが、
4合となると、どう水と火の加減していいものやら未体験でしたが
感に頼って、水多目、炊く時間長目でやってみました。
沸騰してから(圧力式でない)密閉の蓋をして、
弱火で約15〜20分、蒸らし10分でやりました。

出来上がって蓋を取る時ドキドキします。
失敗か成功かの何れか?
電気炊飯器で炊けば失敗なく簡単なことですが、
アナログ鍋(?)でやると、はらはらします。

炊き上がりは8pの鍋の深さぎりぎりまで増えてました。
一応柔らかく炊けました。 鍋底はうっすら焦げ目がつきました。
本当はもっとやや硬く炊ければ本格的なのですが、
この深鍋で、この量をまとめて炊くと、 薄いパエリア鍋や
フライパンで作ったものとは自ずから仕上がりが異なってきます。

具材は、ワタリガニ、ハマグリ、スミイカ(黒くなるので要皮むき)、
と野菜でした。 シーフードと米を一緒に炊くと、
シーフードが固くなって縮んでしまう懸念はありましたが、
何とかそれなりになったようです。

右上の黒い没落は中華のお玉です。
今まさに皿に盛り付けんとする瞬間のショットです。

posted by samuraisakaiki at 13:40| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前回画像と違って

世田谷の下馬にいるような雰囲気です。


ハードボイルドなサムライさんとフェミニンな雰囲気のある
「パエリア」なるおしゃれな
食事とのコントラストが非常に楽しいと思いました。
二健さんの中にそのようなバランス感覚があるからこそ
30年超の営為を実績されているのだと思います。

メニュー化希望です!といってもまだピザも食べていないわたし・・




Posted by 喫茶茶会記 at 2010年10月28日 09:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]