2011年06月30日

その61「練習」

DSCF3819.JPG

新宿・茶会記の夜の一章 
フラメンコの練習。激しいときは本番より熱いものを感じる。 フォトバイ福地



posted by samuraisakaiki at 16:21| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
茶会記Lルーム

静寂と躍動の空間
ゆったりした喫茶室であり
アコースティック・ライブの部屋である
鎮座するオーディオ用の大型スピーカー
如何様にも弾き熟されるアップライト・ピアノ
舞台と客席の境がないフローリングの床
レイアウト自在なシックな椅子とテーブル
別用途別部屋Sルームへの扉
アンダー気味な落ち着いた照明
しっとりとした地下室のような空気感
肩を寄せ合えば秘密結社の構成員の趣
四谷三丁目奥の住宅街のとある一室

当日はスペイン舞踏のライブのリハーサルの模様
晴れの舞台をひかえ褻なる練習に余念がないようだ
このダンサーの女性とは
過日 茶会記のカウンターでお会いしたことが…
明日に向かって瞳が輝いておられた印象
明日の光を携え 身にまとって
心置きなく踊られるその日の影法師に拍手しよう
Posted by 二健 at 2011年06月30日 18:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]