2011年12月10日

その66「宝物」

DSCF4341.JPG

二健さんとの往復書簡ですが、前回は二健さんの写真をつかわせてもらったということもあり、今回はわたしが再度書簡を書きました。
先日亡くなられた、伝説のライブハウス騒(GAYA)オーナー騒美恵子さんの本ができあがりました。
追悼本ではなく騒さんが最期まで頑張って書いたものだそうです。
わたくし福地もPAがないのでライブハウスとはいえませんが箱付き喫茶店をやっています。
この本には、騒の見取り図やアクセスマップ、若いころの騒さんのアフロの写真もあり
パンチのある店舗運営、並びにパンチのある店主の人生についての模範例があり非常に参考になるものです。
内容がぎっしり詰まったガチンコ本。
少々恥ずかしい言い回しですが「宝物」だと思えます。
この本に携われた方々への畏敬、ディスクユニオンの偉大性を再認識せざるを得ません。
騒さんとも御話できたことは、この新宿往復書簡ウェブサイトを騒さんがご覧になり、
二健さんが撮られた板倉克行さんの画像から茶会記で板倉さんが演じていることを知って
茶会記へ電話をかけてくださったのがきっかけです。
電話の内容は全く緊張して忘れておりましたが本を読んで蘇ってきました。
サムライオーナー二健さん・板倉さんを紹介してくれた相田ご夫妻に感謝。

ライブ・アット・騒(GAYA) - 阿部薫、鈴木いづみ、フリージャズメンとの日々-
http://diskunion.net/jazz/ct/detail/JZ111031-57

posted by samuraisakaiki at 03:19| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ついに出ましたね。騒さんの本が。
この本が出る前に、生前の騒さんご本人と、
ご縁を戴きまして感無量です。
その経緯は116〜117頁に記されています。
福地さんも登場します。
ブログ「阿部薫に憑かれ」と「新宿往復書簡」が
きっかけのささやかな出会いでしたが、
わざわざ書き残して下さいました。恐縮の至りです。
私の場合、両ブログに関わっていたということで、
何度か電話とメールのやり取りがありました。
板倉さんは、70年代の在りし日の騒で演奏されていたそうで、
騒さんは、卓越したピアニストとして絶賛していました。
阿部薫同様、騒のママとして誇りに思われていたことでしょう。
ジャズ喫茶ないしライブハウスのママさんの
直向きな熱意の程が伝わってきました。
後輩として見習わなければならないスピリットです。

騒本は、発売日の数日前に編者の長門さんが
持って来て下さいました。
茶会記さんを紹介しておきましたので、
いつか行かれると思います。

さて、なかなか読み応えがありそうな本で、
老眼鏡の世話になりつつ
少しつずつ読まさせて頂きます。

Posted by 二健 at 2011年12月10日 07:54
第134回 中山大障害 2011 役立つ有力情報を惜しみなく公開中!過去のデータや現地スタッフによるホットな情報が満載です!初心者から競馬歴の長い人も納得の予想法で本気でお金を稼ぐための最強競馬予想サイトです!
Posted by 中山大障害 2011 at 2011年12月16日 21:26
まだそこにハマってるの?って今鼻で笑ったそこの君!!ばかにしたらいけないよ!W大晦日の夜何かが始まるんだって!何が始まるんだろ?ワクワクだよね
Posted by モバゲー at 2011年12月29日 17:27
正月休みって最高!!けどそろそろ家に居るのも飽きてきたしなぁ。って人!アグレッシブに活動しようぜ!世間が休んでいる間に差をつけとかないと!上に登れる奴は必ず共通点があるんだ。その答えを見つけたい奴だけおいで。
Posted by モバゲー at 2012年01月02日 14:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]