2012年07月12日

その73「訃報」

茶会記日記を影響力のある新宿往復書簡にも転載します。
阿佐ヶ谷スターダストはかつてサムライと同じ新宿にありました。

「阿佐ヶ谷スターダストの閉店とママの訃報」(福地筆)
20120712

先日迄、闘病しながらカウンターに立っておられた
益田さんがお亡くなりになられた。
常連諸氏にはあまりブログ等にスターダストのことを書くな
と仰っていたらしいのでお亡くなりになった後もその指令が効いているようだ。
スターダスト常連で茶会記の常連でもある長太郎さんから
「もう亡くなったんだからいいんじゃないの」というお言葉をいただいた
のでここに記したい。
今年の正月、益田さんから年賀状をいただき茶会記にも顔を出したいと
メッセージがあり、ただならぬ予感を感じていた。
亡くなる2週間前にスターダストに参ったがわたしの様相がちゃらいため
私でないと思われたか、説教をされた 笑
「一杯だけ飲みに来ました」と申したら
「一枚だけ聴きに来ました」というものよ。
と。悔しいくらい完璧な返答。 
ずっと話をしていたら途端に「あんた福地さん?」
あのときの心象を笑みで思い浮かべている。

まさかその2週間後亡くなられるとは思わなかった。
スターダストに飾られていたパネル等は近所のジャズバー20ground
で所蔵されている。オーナーの松下さんはソウルマスターなのにあえて
ジャズに挑戦され、これまた益田さんに説教されていたそうである。

音の良いスターダスト(但しジャスミン盤)
を準備していたが夢が叶うことはない。
九州ジャズの要諦の一つが閉じた。
頑固一徹の店が消えていく。

posted by samuraisakaiki at 10:06| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
また一つ、ジャズ屋魂の灯が消えましたか。
スターダストもママさんにも、
私は、ご縁はありませんでしたが、
惜しいジャズ文化を失いました。
せめて一度だけでも実直なママさんに
お説教してもらいたかったです。
私も、おせっかいが高じて、
説教がましいことを口走ります故、
年季の入ったママさんより薫陶を受けたかったです。
福地さんの体験談を、うらやましく思いました。
年賀状のメッセージどおり、もしママさんが、
茶会記さんに来ていて、
そこへ私がお邪魔することも十分ありえた話です。
今となれば、全ては妄想の果てに消え去ってしまいました。
いずれ、茶会記のカウンター越しにでも、
とっておきのお話しをお聞かせ下さい。
Posted by 二健 at 2012年07月19日 00:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]