2012年12月16日

その77「音盤」

うっかり更新を忘れていました閲覧各位にお詫び申し上げます。
※いるのかな〜
喫茶茶会記のメインディスクがこのアルバムです。
やっぱり根底にはいわゆる「ジャズ喫茶」
というものがあるのかなと考えています。
新宿サムライもジャズバーの先駆ですが
選曲の根底には「ジャズ喫茶」
があります。

sheppJaC.JPG
posted by samuraisakaiki at 21:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も、ついうっかりコメントも更新も忘れていました。
そうこうしている内に年が明けてしまって、
お正月も終わってしまいます。

このアルバム、気になっていました。
持ってません。聴いたことありません。
左上の「27」は何ですか?
私の昔(小1の時)からのラッキーナンバーですよ。
後日、お邪魔した時聴かせて下さい。
アーチ・シェップのLPでは、気がかりなのが1枚あるのですが、
アルバムタイトルも曲名も、
レコードジャケットもどうしても思い出せません。
昔、末広亭界隈のジャズスナックで
テナーソロが凄いのを聴いたんですが…。
てなわけで、当店も、振り出しも根底も、
諸ジャズ喫茶です。
初心を忘れないで、やっていきたいと思います。
Posted by 二健 at 2013年01月06日 05:45
二健様
コメントありがとうございます。
27はjazz A confronto シリーズの27枚目という意味で
イタリアHOLOレーベルのものです。
茶会記をライブハウスだと勘違いされているお客様が多数でございますが、演劇や朗読等の実演もあります。あまり儲からないので演目終了後は大音量ジャズ喫茶になっています。午後11時くらいがノリノリです。
ジャズ喫茶の方がますますお客様が減ります 笑
Posted by 喫茶茶会記 福地 at 2013年01月07日 11:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]