2014年12月12日

その89「横臥」

山本晴歌+村田亜樹
*2014.10.26 茶会記 Photo by Jiken



山本春香さんと村田亜樹さんの身体表現を初めて見た。
日曜日の昼下がり、茶会記でのライブ。
時と場が絶好の機会だった。
終始無言、立ち座り、静動亜明暗と変化に富んでいた。
これは、両者ごろ寝横臥のシーン。
私達が当然のように生きていることの裏返し。
ここから始まって、ここに帰って来るのが、
私達の一生であり、一日なのだ。
基点原点の豆の状態に生唾を飲み込んだ。

posted by samuraisakaiki at 06:34| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
基点原点の豆の状態

渋い形容です
珈琲を日々嗜み
珈琲豆のことにもついても考えてみれば
ただそのスペックをさらっていくことだけが
考えていくことではなくて
考えれば考えるほどに
なにか抽象的な様態を感じることもあり
そんな様態の美しき一例として
本公演はあったのだと思います。
二健さんの洞察眼にわたしも
覚醒する思いです。


Posted by 喫茶茶会記 福地 at 2014年12月13日 09:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]