2018年12月05日

その105「番人」

kuroi (14)g.JPG

「黒い聖母 Theater of Gnomon/スズキ ヤスコ」

グノーモンの本性と東洋演劇の秘密
『黒謡 KOKUYOH Yasuko Suzuki』
作・演出・出演・演奏 スズキ ヤスコ

2018.11.1日 (日) Open 19:00 at茶会記

スズキヤスコさんの茶会記での一人+α芝居
「新黒謡公演シリーズ」も、かれこれ6回目になりました。
昼夜2回公演もありましたので通算すれば7回目です。
音楽家でも踊子でも芸人ではない私は、
無言での物的存在役で初回より引き立てられて参りました。
今回は門番たるクリストフォロス役で、赤い布を纏って、
終始1:15間杖を持って立ち尽くしておりました。
ちなみにも初回は、

2015.11.22(日) open 14:00
〜新黒謡公演〜【気狂いの彼方へ】スズキヤスコ
アントナン・アルトー日本の残酷劇
Facebookイベント
でした。もう3年経ちましたか。フライヤー図案やネット広報などと
舞台でのイメージ的立役など勉強させられました。
最近は個人的に縄文文明に興味がありますので、
ヤスコさんの和洋古代に渡る黒謡のテーマと重なり、益々惹かれます。

来年2019年も続くと思われますので、
ご注目の程宜しくお願い致します。

茶会記HP
*2018.11.11 茶会記の楽屋 Photo by Jiken
「黒い聖母 Theater of Gnomon」
Facebookイベントページ


posted by samuraisakaiki at 01:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

その104「終日」

FormatFactoryIMG_8716~1.jpg
2018/10/27

サムライ二健さんと常連様
更新が非常に遅れましてお詫び申し上げます。
まだ生息中。

喫茶茶会記 福地
posted by samuraisakaiki at 11:17| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

その103「二日」



平成30年正月二日、茶会記のカウンターで
居合わせた青年は、ワシントンDCからのお客さん。
明後日には帰国との由。暫しの出会いながら
覚束ない言葉を交わして文化交流の一幕。
「ワシントンDCには、日本から贈られたチェリーブロッサム(桜)が毎春満開になり綺麗です」
との事でした。
日本の植物の移民(?)が喜ばれています。
posted by samuraisakaiki at 06:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

その102「新年」

FormatFactoryIMG_7406.jpg

元日に集うジャズの猛者各位。心震えます。
平成三十年一月一日 「日本企画盤で聴くアーチー・シェップ」 
Bunmei Kataoka preesnts 於喫茶茶会記
posted by samuraisakaiki at 14:35| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

その101「新橋」

ginzaRs064.JPG
*Photo by Jiken 2017.10.20 at 銀座8丁目のジャズ喫茶Riverside

衆議院選挙二日前の秋雨の東京銀座界隈。
かの大日本愛国党の故赤尾敏総裁が、
街宣し続けていた数寄屋橋交差点の交番前辺り。
氏の姪様(=弟の娘)の赤尾由美候補が、
此処を振り出し、そして終着地に据えての
街宣活動をするというので、撮影に出かけた。

上京し立ての1970年頃、私は弱冠二十歳、
数寄屋橋で赤尾敏街宣を目撃したが、
立ち止まることもなく通り過ぎてしまった。撮影することもなかった。
彼方此方の路肩に愛国党のビラが貼られていたことは覚えている。
うるさい右翼だという先入観で見下していた自分がなさけない。
当時は三島由紀夫も楯の会で最後の活動に余念がなかった。
全共闘時代であり、ヒッピーの最盛期で、新宿はアングラ文化のメッカだった。
何事においても青春の風が吹き荒れていた。
今思えば大方は前後レジームというコップの中の嵐であった。
そんな思いから、乗り遅れた青春の穴埋めにもならないが、
追体験が出来れば幸いとばかりに現場に向かった。
正午から始まった演説は1時間ほどで終わってしまい、
次の予定の、新橋に出来たシャズ喫茶訪問まで、時間が余った。
確か電通通りかと思うが地下の居酒屋バーみたいな小店が
ランチやっていたので、吸い寄せられるように入った。
客は私一人で恐縮した。幸い若い板前さんと私と同世代の
ご主人と気の利いた話ができて、大当たりだった。
鯖焼き定食ご馳走様でした。湘南料理の何とかという店だった。
さて、目的の
「Riverside」3時開店まで時間があるので小雨の中散策。
年金組合の赤旗上げた老人たちのデモ隊に遭遇。蓼食う虫も好き好き。
新橋のガード下を縫い歩き昭和の臭いを嗅いだ。
目的の店は住所番地頼りに探し歩いて、やっと見つけた。
勿論一番乗り。
シックな木造のインテリ初老マスターのいかにも純ジャズ喫茶。
戦後日本庶民文化の粋の結晶。
小粋なスリー・サウンズとか、マリガンか何かの
ウエスト・コーストサウンドが、
回転円盤と金剛石針から発し、JBLの波動となって伝わってきた。
今年できた新しい店のようだが、その魂は筋金入りで、
邪念取り払い平伏して拝聴させて頂いた。
終盤、昔の渋谷などのジャズ喫茶物語の話に
言い及び大変有意義な一時であった。
posted by samuraisakaiki at 06:43| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

その100「秋風」

20171018_2448873.jpg

「秋刀魚の会」喫茶茶会記店主筆
20171018

先日、お世話になっている刀研師のご自宅でBBQの会を実施するということで
千葉の北習志野に参った。
あいにくの雨で広い庭での会にはならなかったがコンロでもとても美味しい秋刀魚をいただいた。
わたしの経験上驚いたのは秋刀魚の首とはらわたを仕込み段階でとっておいてから
焼くということ。
概ね姿焼きのようなパターンが多いが
苦味がついたりするのでこちらのほうが潔(いさぎよ)くて上品である。
その味は日本刀のように凛としていた。
posted by samuraisakaiki at 11:34| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。