2012年10月12日

その76「俳ラ」

俳ラ19 ギネマ「蝿の唄」
*2012.10.7 「独演!俳句ライブ19」於JazzBarサムライ Photo by Jiken

年1回開催の俳句朗読の豊年祭「独演!俳句ライブ」、略称「俳ラ」、19回目。
初開催は1998.3.1だから、かれこれ14年半も続いていることになる。
今回は5人出演して、トリが、この俳ラの女王・ギネマ。彼女は連続出演している。
「蝿の唄」と題した自由律俳句の連作を演技しつつ朗読した。全ての回が快演だ。
本人が蝿に扮し、蝿の立場から人間界を諧謔する。その蝿は本人の原体験も投影している。
俳句と朗読と演技と格好、諸共に見事で、且つシンクロしていて一分の無駄もない。
俳ラ出演者の鏡だ。俳ラがいみじくも学芸会や演芸会に成り下がることを、
トリを勤めるギネマが救い続けている。過去において出演者は多様な顔ぶれに恵まれた。
しかし、俳ラの舞台と掟が性に合う人は稀で、一度か数度出演して去っていった。
このことは観客についても同様だ。一時は満席にもなったこともあるが、いつもは席が余る。
続いているツワモノ4名と初出演の西野りーあ氏で「俳ラ19」を祭り上げた。
ギネマを筆頭に土俗の色合いが濃厚で、
正に新宿のアングラ絶えずして、ここにありといった按配だ。

  秋の蝿どこにもいない家族を探している  ギネマ
posted by samuraisakaiki at 13:06| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

その75「水蚤」

20120919_88472.jpg*2012.9.16 坂田明サロン アフター・アワーズ Photo by fukuchi

新宿ジャズといえば
新宿ピットインが連想され
ピットインの前で頭から湯気がたっていた三人が
山下洋輔トリオでそのリードが坂田明さん。
明さんを私淑されているカールツァイス田中さんが
顕微鏡を持ちこまれてミジンコ鑑賞会の場面です。
初期ビットインの飲食部門が
現在のサムライ・二健さんの御店です!

posted by samuraisakaiki at 09:34| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

その74「晩夏」

蚊遣り豚
*2012.8.24 茶会記玄関先の蚊遣り豚 Photo by Jiken

二週間ぶりに茶会記に訪れました。
お店の玄関に至るまでの石畳の路地が好きです。
四ッ谷の住宅街の奥まった処に店を構える茶会記は、特別な場所。
四ッ谷に住みながら、四ッ谷に縁のない私にとっては格別の隠れ家。
隠れ家なので、夜か深夜がいいのですが、
わがタツキと、先方の営業時間の関係上、
そのゴールデンタイムに進入することはままなりません。
したがって、わが始業前の夕刻にお邪魔することになります。

二週間ぶりに茶会記を訪れました。
玄関に至る路地では、トンボが三匹ほど飛んで、わが到来を迎えてくれました。
今年、初めて遭遇したトンボです。
今年、最初で最後のトンボとの出会いになるでありましょう。
そして、次なるお出迎えは、玄関先の蚊遣り豚君でした。
なんとも愛嬌のあるお顔で、大きく丸く開けたお口が、
寛容さの茶会記さんと瓜二つで、なんとも微笑ましく感じました。

ドアを引いて入店すると、当夜のライブの準備段階で、活気がみなぎっていました。
いつものカウンターの隅の席に座り、望むまでもなく掛かった
ディブ・パイケのベサメムーチョに聴き入りました。
マイ・フェヴァリット・アルバムが以心伝心、福地さんに伝わったみたいです。
そしたら、面識のある好印象の女性の常連さんが現れ、
暫し、隣町に新開店したバーの話をして下さり、
同業で惰性三昧の私は、背筋が正されました。

そしたら何と、次なるご来客の方は、前回、福地さんの紹介下で、
初対面ながら私が多々話込んでしまった処の元特攻隊員の閣下でありました。
大先輩の氏は、特攻のパイロットのみならず、終戦時の、
人間機雷「伏龍」のデザインと要員にもなられた経験の持ち主
ということを知らされ、恐れ入りました。
戦後は、横須賀で米軍の郵便の仕事をされた話など、感慨深く伺いました。
個人的には米兵も良い人だったそうです。
戦争と言う狂気の沙汰が人心を鬼に変えます。
しかし先の大東亜戦争における日帝は、不可避の防衛のための
戦争であったということを、私達は再認識しなければなりません。
後のマッカーサーが証言していることです。

昔の私なら、あまり興味のないカビの生えた話として軽んじてましたが、
今の私は、戦争の生き証人のお話など大変有意義で、
ありがたいお話しだと捉えられます。
閣下は、乗り込んだ特攻隊の訓練機のことを赤トンボと言われていました。
茶会記に至る路地で出会ったトンボらの飛翔は、
正にこれだったのかと、閣下と共に感慨一入でありました。

  英霊の赤い翼の蜻蛉かな  二健
posted by samuraisakaiki at 01:07| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

その73「訃報」

茶会記日記を影響力のある新宿往復書簡にも転載します。
阿佐ヶ谷スターダストはかつてサムライと同じ新宿にありました。

「阿佐ヶ谷スターダストの閉店とママの訃報」(福地筆)
20120712

先日迄、闘病しながらカウンターに立っておられた
益田さんがお亡くなりになられた。
常連諸氏にはあまりブログ等にスターダストのことを書くな
と仰っていたらしいのでお亡くなりになった後もその指令が効いているようだ。
スターダスト常連で茶会記の常連でもある長太郎さんから
「もう亡くなったんだからいいんじゃないの」というお言葉をいただいた
のでここに記したい。
今年の正月、益田さんから年賀状をいただき茶会記にも顔を出したいと
メッセージがあり、ただならぬ予感を感じていた。
亡くなる2週間前にスターダストに参ったがわたしの様相がちゃらいため
私でないと思われたか、説教をされた 笑
「一杯だけ飲みに来ました」と申したら
「一枚だけ聴きに来ました」というものよ。
と。悔しいくらい完璧な返答。 
ずっと話をしていたら途端に「あんた福地さん?」
あのときの心象を笑みで思い浮かべている。

まさかその2週間後亡くなられるとは思わなかった。
スターダストに飾られていたパネル等は近所のジャズバー20ground
で所蔵されている。オーナーの松下さんはソウルマスターなのにあえて
ジャズに挑戦され、これまた益田さんに説教されていたそうである。

音の良いスターダスト(但しジャスミン盤)
を準備していたが夢が叶うことはない。
九州ジャズの要諦の一つが閉じた。
頑固一徹の店が消えていく。

posted by samuraisakaiki at 10:06| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

その72「時計」


時計草
*2012.6.13 時計草 Photo by Jiken

毎年、紫陽花が咲く頃、茶会記を訪れる時、ほのかな楽しみがある。
裏道の車道から路地を入った突き当りに慎ましく茶会記があるのだが、
その途中の中ほどの民家の庭先の垣根に、お目当ての花が咲く。
あまり大きくなく、数も少なく、控えめに咲いている。花期は長いようだ。
その一輪に近づいてみると、その名の通り精密機械の時計のようだ。
正面から見ると、萼と花弁と雌雄の蕊の造形が見事と言うほかない。
横から見ても、その重なりの形に感心する。
五本の雄蕊は藁人形のようでもあり呪術の香りもする。
萼と花弁は五枚づつ十枚あり、モーゼの十戒に思いが馳せる。
なんと、英語ではpassion flower(受難の花)なのだそうだ。
つくづく、自然に勝る芸術はないと思う。
ラベル:茶会記 時計
posted by samuraisakaiki at 05:56| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

その71「外気」

IMG_0316[1].JPG

新宿サムライの土曜3時からの喫茶タイム。
心地よいサウンドが比較的大きな音量で店内全体を
覆い包む。
この快楽を知る人は少ない。
外気取り入れ口がかつてのジャズ喫茶隆盛の時代を
喚起させる。あの熱い空気を

 

posted by samuraisakaiki at 10:01| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

その70「熱気」



SKmin002.JPGphoto by Jiken

4/22 のミンガス特集での二健さんの画像です
ということはこの特集に二健さんがお越しいただいたことになります。
ありがとうございます二健さん。
笹田さんの愛情溢れるミンガス特集
音響もピッタリマッチしておりました♬
気分は'70sジャズ喫茶。
わたしもニンマリ。





posted by samuraisakaiki at 20:21| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

その69「分解」

20年間使い続けたレコードプレーヤーがついに、その役目を終えた。
先ず何年か前にターンテーブルを回すスタートボタンが壊れた。
それは奥まったスイッチの頭を押すためのアクション機構が
割れただけなので、代替のコルクを削った物を差し込んで使っていた。
そして最近は、アームのアップダウンスイッチのボタンが壊れた。
それから、たまにターンテーブルが止まるという不具合が生じていた。
騙し騙し使っていたが、こうあちこちいかれてくると、
ついに買い替えなくてはいけないと思っていた。
そんなことを常連さんでオーディオマニアのK(クメダ)さんに言ったら、
「私が使っていないプレーヤー持ってますから奉納しましょう」という吉報を賜った。
幸いにも同じメーカー、ケンウッドの同系機。
プレーヤーの置き場にもぴったり収まった。
おシャカになったプレーヤーは貰い手もなく、捨てるのにもお金がかかるので、
しばらくは店の隅に放置しておいた。
そして先日、分解してみようと思い立った。
アームを外せばアームとしての価値があるかもしれないと思った。
分解してみれば、アクション機構が複雑にボディーにのしかかっていて、
しかも細い線が通っていて、とてもとても使い回せるような代物ではなかった。
メカだけのプレーヤーだと思いきや、立派なICの基盤があった。
核心のモーターもばらしてみた。
独楽状の強力な永久磁石と基盤とコイルからなっていた。
フレミングの左手の法則か?発電の原理か?と妄想を巡らした。
部品を全てばらばらにしてみたが、結局使い回しができるのはネジだけだった。
ターンテーブルは、調理器具にならないか思案中である。

kwply1992.JPG
*2012.4.1 レコード・プレーヤー分解 Photo by Jiken
posted by samuraisakaiki at 09:49| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする